Tokyo

  • Level 15, Shiroyama Trust Tower
    4-3-1, Toranomon,
    Minato-ku
  • Tokyo, JA 105-6015
  • P 81 3.4335.9750
  • F 81 3.4335.9760

当事務所は、30年以上にわたり、日本の大手企業を代理して米国法に関する業務を取り扱ってまいりました。その経験を生かし、知的財産や企業法務に関するサービスの提供をさらに充実したものにするために、当事務所は東京オフィスを設立しました。東京オフィスは現在、2つの目的を兼ね備えています。1つは、日本のクライアントに対して日本語で法的サービスを提供し、日本のクライアントにとって当事務所の窓口になることです。もう1つは、米国のクライアントが日本で積極的にビジネスを行えるよう、日本法に関するサポートをすることです。

東京オフィスによる法的サービスの提供

東京オフィスは、当事務所が有する豊富な経験と実績に基づいて設立されました。東京オフィスの設立により、当事務所は、知的財産・テクノロジー関連案件、(M&Aを含む)コーポレート案件、訴訟案件、行政規制関連案件など複雑な国際ビジネス案件について、日本、アジア、アメリカ、その他世界各国のクライアントに対して、さらに充実した法的サービスを提供することが可能になりました。

グローバルな世界市場でビジネスを行うためには、各国の文化など幅広い分野について精通していることが重要です。日本のクライアントのビジネスを成功に導くため、当事務所は、アジア地域で豊富な経験を有し、環太平洋地域の文化、習慣、ビジネスなどに精通した専門家チームを編成いたしました。東京オフィスには、日本と米国の両国における弁護士資格を有する日本人弁護士が複数所属しています。東京オフィスに所属する弁護士は、日本語と英語の両言語に堪能なバイリンガルであり、当事務所の米国オフィスやその他のオフィスと密接に連携することができます。

東京オフィスに関する表彰実績

  • 東京オフィスの弁護士は、ベスト・ロイヤー・イン・アメリカ2013(Copyright 2012 by Woodward/White, Inc., Aiken, S.C.)に選出されました。
  • 同弁護士は、2011年版Legal500において、知的財産、コーポレート及びM&A分野で活躍する弁護士として選出されました。
  • 同弁護士は、Leading Lawyer 100 Asia Pacific 2011において、エレクトロニクス分野でアジアのトップ弁護士の1人としてランクされました。
  • 同弁護士は、IAM Licensing 250 (2011)のWorld’s Leading Patents and Technology Licensing Lawyersとして選出された、日本でわずか8名のうちの1人であり、日本の弁護士としてはわずか2名のうちの1人です。
  • 同弁護士は、ベスト・ロイヤー・インターナショナル2010(The Best Lawyers International® 2010)の国際ビジネス取引部門において選出された24名の日本人弁護士のうちの1人です (Copyright 2009 by Woodward/White, Inc., Aiken, S.C.)